NAMUEコンクールとは

  1. HOME
  2. NAMUEコンクールとは

コンクールの理念

公正・公平・努力・挑戦・成長

このクラシックバレエコンクールは、多くの若者達に舞台へ立つチャンスを与え、輝かしい未来への可能性を広げ、より多く方々に楽しみながらバレエを理解して頂き、バレエ文化の普及に努めることを目的としています。

習熟度にかかわらず、現在の自分に挑戦し、さらなる一歩を進めるチャレンジ精神を応援します。

年12回程度のコンクール開催を全国で行っています。

全国の皆様にクラシックバレエコンクールを楽しんで頂きたいので
NAMUEでは、北海道から九州まで全国各地にで定期的にコンクールを開催しています。その開催回数は年回12回程度と、日本ではトップのコンクール開催実績並びに、エントリー人口を誇っています。

左の写真は、第2回NAMUEグランドファイナルより
小学生高学年部門第1位 戸田昂希さん。

通常2日の開催を行っています。(参加人数により1日の場合もあります。)

通常、初日は予選、翌日に決選を行っています。※NAMUEクラシックバレエコンクールでは、通常初日は予選、翌日に決選を行っています。
予選結果は、演技終了後舞台袖で点数表示を行います。その後各部門終了後、ロビーにて決選へ進まれた方の発表を行います。

決選は、演技終了後の点数表示は行いません。全部門終了後、表彰式で各部門の入賞者を発表致します。

※参加人数により、1日で予選・決選を行う場合もあります。詳しくは各コンクールの詳細をご確認ください。

写真は、第37回NAMUE金沢での表彰式の模様です。

審査員のご紹介

審査員には、日本を代表する著名な先生方をお招きしています。 NAMUEクラシックバレエコンクールでは、松本道子先生をはじめ、世界の著名なバレエ芸術家をお招きし、コンクールの審査を行っております。

右の写真は、第2回NAMUEグランドファイナルより ユーリー・ヴァシュチェンコ(モスクワ国立ボリショイ劇場プリンシパル)氏による記念品贈呈の模様です。

日本の"バレエ"の発展を願って

NAMUEは、バレエの発展を願って各種の活動を行っています。

NAMUEでは、日本の"バレエ"発展のために、NAMUEクラシックバレエコンクール以外に、バレエを通じた活動を多数行っています。日本のバレエ発展を心から願って活動を行っています。

左の写真は、第2回NAMUEグランドファイナルより
表彰式後、舞台上で集合写真の模様。